デトロイト不動産投資被害者の会

デトロイト不動産投資被害者の会WIKI

アメリカデトロイトにて不動産投資物件を購入してトラブルに遭っている投資家による投資家の為のWikiです。 被害状況や対処法を共有してトラブルの解決を目指します。
デトロイト不動産物件を購入してトラブルに遭っている投資家の人がいましたらご連絡ください。

デトロイト不動産投資の主な被害状況と対策方法

  • リート方式でお金だけ出資したが配当金が止まった
⇒実際に物件を買わずリート方式で岩佐氏、四方田氏にお金をお預けたが配当が止まって彼らに連絡が取れない投資家が沢山います。
彼らは現在訴訟を恐れ海外に逃亡中。

  • 売却を依頼したら一度名義を変更しないといけないと言われた
⇒名義変更詐欺ですので相手にしてはいけません。

  • 物件の取り壊し命令が下された、もしくは訴状が届いている
⇒一日も早く弁護士に相談する事が必要です。
訴状が届いてサポート会社に連絡したら弁護士の手配を約束しますが、なにもせずにそのまま放置されます。
自分で現地の弁護士を探して対応する事が大切です。

  • タイトルカンパニーを通さず物件を購入している場合
⇒タイトルカンパニーは未払いの税金や抵当権を調査してくれる機関です。
物件に抵当権等があったりした場合、購入者が物件の借金を受け継ぐ事になります。
知らないうちに前オーナーのローンを受け継いでいるかもしれません。
タイトルカンパニーにタイトルを調査してもらっていない人はデトロイトのタイトルカンパニー会社に物件調査を依頼して確認した方が良いでしょう。

  • 物件購入時に物件調査をされていない人
⇒タイトルカンパニーは未払いの税金や抵当権を調査してくれる機関です。
アメリカ不動産は必ずといってよいほど購入時に第三者に物件を確認してもらいます。これをインスペクションと呼び、調査する人をインスペクターと呼びます。調査費用は買主負担で物件に欠陥があるか確認する事ができます(シロアリや基礎の欠陥等)。物件購入時にインスペクションを促さない販売会社は、物件に自信がない、もしくは欠陥が見つかると困るという理由からです。 ほぼ全ての売主はインスペクションをする猶予を与えてくれます。もし仮に物件購入時にインスペクションを行わなかった人は今からでも自分の物件の状態を確認する事をお勧めします。

  • 物件の名義変更がされていない場合
⇒オンラインでDeedを確認できます。
ゲストとしてログインして保有者の名前で検索してください。

  • 物件の補修が完了しない場合、もしくは完了報告を受けたがテナントが入らない場合
⇒現地の管理会社を信用せずに補修の状態は第三者に確認してもらいましょう。
インスペクターを雇ったり第三者に確認してもらう事が大切です。

  • 保険に加入しているか確認してください。
⇒販売業者は販売時に保険の購入もサポートの一部として提供していますが、ある日突然保険を解約される場合があります。
日本にしか住所がない人は現地の保険を探すのは大変ですが、State Farmという保険会社に加入できます。

  • 管理会社の対応に困惑している場合
⇒連絡が取れない、家賃が振り込まれない、説明がない、放置されている、テナントが一向に入ってこない等で困っている場合は管理会社を変更する事をお勧めします。

デトロイトでTOP3の大きな管理会社
Michigan Property Managers

Metro Detroit Property Management

Garner Property Management

悪質なデトロイト不動産販売会社の典型例

  • 物件代金に補修代金込みで売却するも補修状況を報告しない
投資用物件として物件状態の悪い物件を補修代込みで売却するも、売却後は報酬状況などは報告しない。 報告があったとしても簡単なメールで済ませ写真や状況の報告などは一切行わない。 補修後の写真を請求しても提出しない。

  • 名義変更が異常に遅い
通常どんなにおそくても数か月で終わる名義変更が1年経過しても手続きを進めない。業者に問いただしても曖昧な返答しかなく一向に進行しない。

  • 販売前の約束事を一切守らない
販売前はテナントの保証期間を付けたり、市役所の検査に通す事を約束しておきながら、物件販売後はそのような約束を守らない。

  • 現地管理会社の状況が不鮮明
現地管理会社よりステートメントが送られてこなかったり、テナントを突然強制退去させたり、家賃が振り込まれなかったりと管理が行き届いていない場合がある。 それに対して問い合わせても状況はかわらない。

  • 販売員が偽名を使っている
数万ドルの投資物件を扱っている会社にも関わらず販売員が偽名を使っている。

  • テナントがいない物件でも管理手数料と取る
通常アメリカではテナントが入っていない物件に対しては管理手数料は発生しません。

コメントはこちら

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 3 決済までの購入資金の流れ : できる限り細かい情報が必要。 特に日米間で送金した場合、送り側、受け取り側双方の口座 --- 今後の対策について (2014/11/18 01:41:18)
  • 4 登記完了の有無。移転終了していない場合でも時間掛かる旨の説明,電話メール履歴時期、途中状況確認した場合も同様。 --- 今後の対策について (2014/11/18 01:43:59)
  • 5家賃支払い出費記録。テナント賃貸契約書控え、支払い方法(小切手、振込み)家賃額、現在空室の場合でも支払いをあった時期があれば過去のもの,業者からの明細があれば月々を一枚の紙にまとめておく --- 今後の対策について (2014/11/18 01:51:07)
  • 上記5項目で書きましたがそれぞれご自身の関係書類、メール履歴、金銭履歴を今一度確認いつでも第三者に見せられる用ご準備下さい。 --- 集団訴訟に向けて (2014/11/18 02:04:57)
  • 所有物件の現況、特に修繕待ちなど長期空室になっている場合は強くお勧めします。かなり悲しい物件も今回の視察で見受けられました。現管理会社で対応が難しい場合はroyalgarden601@yahoo.co.jpまで --- 集団訴訟に向けて2 (2014/11/18 02:14:21)
  • レイナスのHPが消えてなくなっています。 本人はもう海外に逃亡しているのではないでしょうか? --- (2014/11/23 17:10:18)
  • 始めまして、デトロイト近郊在住のKeller Williamsリアルターです。連絡先、HideoJimbo@KW.com 物件についての売却、管理会社の紹介、その他相談されたいことがございましたら、Emailをください。日本語を多少理解できる、弁護士も紹介できます。 --- 神保と申します。 (2015/03/28 03:28:35)
  • 投稿してから2件問い合わせあり。双方ともドアが取り去られ内部の一部も剥がされ、一方は水道メーターが取られ地下室が水浸し水道料金も多大。一方は市の建屋取壊しに組み込まれていた。空き家でしたら、現状確認されたし。管理会社の対応がはかばかしくない場合、小職に相談ください。皆様のお役に立てれば幸いです。 --- HideoJimbo.KWRealty.com (2015/04/12 07:30:19)
  • 小職の4月12日コメント投稿記事に誤りがありましたので、以下訂正させていただきます。 地下室が水浸しとなった建屋と、市の建屋取り壊し物件に組み込まれた建屋は同一物件です。 --- HideoJimbo@KW.com (2015/04/12 21:24:31)
  • 詐欺師小杉辰男が高齢者からだまし取った大金を持ち逃げしている。小杉自宅東京都江東区清澄1-2-24ー705 --- 浜地 (2016/04/04 14:04:58)

  • 最終更新:2017-02-23 13:36:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード